143
Skip navigation

天道館・かわら版(平成16年1月)

第57号

天道館ニュース

お知らせ

2004年・清水先生の海外指導予定=3月l日~17日(ドイツ・リューネブルグ、ルッセルハイム等)・6月20日~7月3日(ドイツ・へルツォーゲンホルン))が確定。また10月にスロベニア天道流25周年を記念する現地セミナーの企画が進められています。このほかハンガリーとロシア・ウラジオストクから招聘が来ており、夏から秋にかけての開催として現在調整中です。

ウガンダから来館希望=合気道指導者となるために天道館で稽古をしたいという申し入れが昨年暮れアフリカのウガンダからありました。

同国でペンキ会社を経営するlsaacMutumba氏(28歳の妻帯者・子供3人)で、テコンドー有段者でもあります。天道流合気道との出会いはインターネットのホームページ(ドイツ製作版)をきっかけにドイツの指導者にメールを出したことです。ウガンダではまだまだ合気道は珍しい武道とのことですが、武士道に通じる合気道の精神に興味を持ち、特に清水先生の海外活動に伴う天道流の発展に目を見張り、母国ウガンダでも天道流を広めたいという思いを持ったそうです。

本人の希望としては3年ほど日本で稽古を積みたいと打診してきています。しかし、受け入れの可能性については本人の姿勢はもとより、クリアしなければならない問題が多いことから、具体的な話は全て今後となります。

ロシア・ウラジオストクとシンガポールから来館稽古=ロシア合気道連盟沿海地方支部長ルザンネ・ミカドゥヤさんをはじめ4名のロシア人が今春に初来館します。2年前に初訪露された清水先生のセミナーを企画した現地幹部メンバーらで、かねてから日本での稽古を望んでいたもの。また天道流シンガポールからは現地責任者のタン・ウエイ氏(44歳)ら数名が4月に来館稽古することになっています。

来館稽古者=03年11月29日からl2月l4日までドイツ天道流からフローリン・ベイカー2段(28歳・船員)。4年振り2度目の来日となり、前号(第56号)に掲載された清水先生の巻頭随筆「孫弟子」に登場した人物です。

女優の川原亜矢子さんが来館=雑誌、TVマーシャルからドラマ・映画まで幅広く活躍中の女優・川原亜矢子さんがTVドラマ撮影の稽古で昨年l2月8日来館しました。刑事役の川原さんが男性刑事との柔道に挑むというシーンについて、清水先生の指導を受けたものです。パリコレのトップモデルを務めていた経歴を持つ川原さんは、l76センチのスラリとした体型を活かしながら投げ技と受身に挑戦。相手役には健太君が扮し、2時間ほどの稽古をこなしたほか、突進してくる犯人を投げ飛ばす練習にも汗を流しました。

警察署道場セットでの本番撮りは2週間後に横浜で行われ、清水先生の立ち会いのもと、健太君との柔道シーン(約l分)の撮影は順調に進行しました。タイトルはTBS月曜ミステリー劇場「ひまわりさん」(主演:緒方拳)で、放映は2月の予定。

指導に自然と熱が入ったという清水先生は「礼儀正しく素直な姿勢で稽古に励まれた川原さんにとても好感が持てました」と感想を話されています。

平成l6年寒稽古(速報)=l月l2日からl8日までの毎朝6時30分~7時l5分。73名が参加し、皆勤者は30名でした。