Skip navigation

清水健二

1940 年福岡県天道に生まれる。 12 歳より柔道を始め、 9 年後講道館 4 段を認可される。 1962 年明治大学卒業。 63 年合気道創始者 植芝盛平氏の内弟子として修行し、後に高段位八段を許さる。

1970 年清水道場として独立、 5 年後天道館と改名。 78 年より毎年、旧西ドイツへ合気道指導に招聘される。以後毎年合気道の海外での指導を続けており、スロベニア、オランダ、ベルギー、オーストリア、フランスなどでも指導を行っている。

1982 年に天道流合気道として独立し、三軒茶屋道場を本部道場とする。また 1994 年にドイツにおいてドイツ天道流合気道が独立する。さらに同年、清水道場創立 25 周年を記念し、創立 25 周年記念演武会を明治記念館で開催する。 2002 年には外務大臣表彰を受賞する。

天道流合気道の特徴とは・・・?

天道流合気道の特徴はその大きくてシンプルな動きにあるといえるでしょう。この動きは、「心技体」すべてに自然で調和のとれた流れがうまれることによって実現されるのです。

清水健二
清水健二

天道館

〒 154-0004
東京都世田谷区世田谷太子堂 2-13-15

電話 03(3413)1239
FAX 03(3413)1649

honbu[at]aiki-tendo[dot]jp
www.aiki-tendo.jp